あと 0 文字
残り時間 10:00
ほんくみんは、いとうにんきょされたっかいにけるいひょうしゃをうじてうどうし、れらとれらのそんのめに、ょこくみんとのょうわによるいかと、がくにんどにたってゆうのたらすいたくをくほし、いふのういにってたたびんそうのんかがこるとのいようにることをついし、こにゅけんがくみんにんするとをんげんし、のけんぽうをくていする。もそもくせいは、くみんのんしゅくなんたくによるものであって、のけんいはくみんにらいし、のけんりょくはくみんのいひょうしゃがれをうしし、のふくりはくみんがれをょうじゅする。れはんるいへんのんりであり、のけんぽうは、かるんりにとづくものである。れらは、これにんするっさいのんぽう、うれいよびょうちょくをいじょする。ほんこくみんは、うきゅうのいわをんがんし、んげんうごのんけいをはいするうこうなそうをかくかくするのであって、いわをいするょこくみんのうせいとんぎにんらいして、れらのんぜんといぞんをじしようとついした。